ヘアカラーも色々ありますが~

春のヘアケアポイントをご覧いただいた方からのご質問
「ヘアマニキュアの場合は乾燥毛になるのでしょうか?」
(一番下の関連動画でもご覧いただけます)
ヘアマニキュアは 大丈夫です。

白髪が気になってきたら、皆さんどうされていますか?
「おしゃれにグレーヘアーを楽しむ!」のも素敵ですが、もう少しの間、白髪をなかったことにしておきたいと思う方が多いようです。
白髪を染めるカラー剤には大まかに3種類あります。

①【ケミカルヘアカラー】
一般的に一番多く使われているカラー剤のほとんどがこのケミカルカラーの白髪染(ジアミンが配合されているので、100%の人にアレルギーを発症する可能性があると言われています)一番髪や頭皮にダメージが大きく、乾燥毛になって、髪がどんどん痩せてしまうのも気になりますね。  

【ヘアマニキュア】
光沢のあるカラー剤を髪の鏡面にコーティングするだけなので乾燥毛にはなりません。ただ、頭皮や髪に潤いを与える力はないのと、地肌につくと取れないのでベテランの美容師さんでも1~2mm地肌から離して塗布するので、白髪が目立つという難点があります。

③【ヘナカラー】 (天然100%ヘナ 天然100%インディゴ使用)
髪や頭皮のためには やはりアーユルベーダの考え方からくる安全なヘナカラーがおすすめです。たまに、「ヘナも怖い」とか、「ヘナでかぶれた」という声を聞くことがありますが、美容室で純正ヘナとか天然ヘナと表示していてもケミカルが混ざっているも時もあります。0.03%ピラクミン酸(爆薬の中の成分)が入るだけで発色が良くなるからです。市販されているヘナも本物の天然100%を探すのは難しいようです。業者さんですら見分けがつかないと言われています。

13年以上直営サロンで2万人以上のお客様の髪にJinaの天然100%ヘナとインディゴでカラーをしてきましたが、一人もかぶれた方はいらっしゃいません。本物の天然100%は安全ですし、インドではヘナは傷薬としても使われています。赤くただれた頭皮の方がヘナをするたびに痒みが治まり綺麗で健康な頭皮になっていくこともたびたび経験しています。

ヘナの品質を見分けるわかりやすい方法は
お湯で溶いたときに、とろりと粘りのある状態になるかどうか? モソモソしているのはよい品質ではありません。そして染め上がりが早いのは、天然ではないと疑ったほうがいいと思います。いわゆる草木染めなので短時間で染まるとは考えにくいです。

以前開催した自宅でヘナチャレンジ会の模様です♪


女性の髪を健康に美しく
そして
Jinaのウィッグで人生が変わった
前に向けた 明るくなった
そんな女性を応援したい
Jinaサロン
https://jina.jp/
☎078-570-5798





郵送でのウィッグシャンプーサービス

Jinaサロンでは、提携美容室がお近くにない場合、ご購入いただいた医療用ウィッグのシャンプーを宅配で承ります。

郵送でのウィッグシャンプーサービス 宅配でのウィッグシャンプーサービスの詳細はこちら

サロンへのアクセス

神戸カウンセリングルーム

兵庫県神戸市中央区御幸通8丁目1-6 神戸国際会館22F