ヘアカラーの危険性 ③

一番下の動画でもご覧いただけます。

医薬部外品として表示を義務付けられている毛染め剤の成分は、箱に印刷されています。
その中にパラフェニレンジアミンの文字が見あたらなくても、トルエン-2,5-ジアミンやパラアミノフェノールなど、名前の一部にアミン、アミノをもつ物質が見あたると、これらは「芳香族アミン」と呼ばれる物質で、パラフェニレンジアミンと似た化学構造を持ち、同じような作用を示す可能性があります。
ジアミンフリーで髪に優しいカラー剤とサロンで勧められても、実は中身は大して変わらないということもある様です。

【頭が化学工場?】

これらの物質そのものには色をつける力はないのですが、過酸化水素などの酸化剤で酸化されると重合して色素に変わり、毛の色が染まります。
そのための酸化剤が毛染め剤の一部として入っています。毛染めをしている時、自分の頭髪が化学工場になってているのです。

いくら色素ができても毛の中にしみ込まなくては毛染め剤として意味がないので、強力な界面活性剤も成分として組み込まれています。
電子顕微鏡で撮影した写真を見ると、染毛した毛髪の表面が傷んで、ざらざらになっています。
自分の毛を傷つけながら染めていると気付いて欲しいです。

このように、安全かどうか疑わしい成分が色々含まれていて、それが毛の表面で化学反応をする。
反応の途中でどんな有害物質が生じているかもわかっていません。

私自身も毛染めで痒くなるので、「いつも頭皮から外してカラー剤を塗ってください」とお願いしていました。
ただ、いくら注意深く作業しても、頭皮に薬剤がつくのは避けられないですし、洗い流す時にもしっかり頭皮につきます。染毛剤の中の界面活性剤と、パラフェニレンジアミンやそれが変化した中間体、できた色素などが頭皮からいやでもしみ込んで行きます。
普通にカラーしていた頃は染めた後1週間くらいはずっとうずうず痒かったですし、自分でフケ症だと思っていました。それはフケではなく、かぶれた頭皮が剥がれ落ちていたんだとヘナカラーでかぶれが収まって一切フケが落ちなくなってから気がつきました。

人間が死んで火葬場で焼かれた後、染毛を長く続けている人の残った頭骸骨が染毛剤で黒くなっているそうです。
自分が死んで焼かれた後の頭蓋骨が黒いのは嫌だな〜と思ってしまいました。
それだけ頭皮を浸透して頭の内部まで染められているのなら体に良いわけがない様な気がします。

【美容師さんの被害 】

染毛剤(カラーリング)を常時使用するヘアーサロン・美容室等、理美容を職業とする皆さんの間でパラフェニレンジアミンによるアレルギーや喘息被害が広がっているそうです。以前からヘアーカラーの頻度の高いサロンの美容師さんで腎臓や肝臓を傷める方が多いと聞いていました。
カラーする時に揮発する物質を目の前で吸い込んでしまうからでしょうか。

『国際化学物質安全性カード』には「反復または長期の吸入により、喘息を起こすことがある」、「この物質により喘息の症状を示した者は、以後この物質に接触しないこと」と記されています。

また毛を脱色する「ブリーチ」には過硫酸塩が含まれ、これにも喘息を起こす働きがあると報告されています。

パーマに使う薬液も呼吸器や皮膚の異常が深刻な状態になっていることが分かっています。
多いのは、喘息のほか、慢性気管支炎、皮膚炎、アトピー等です。このような健康上の理由で、美容師の三分の一が離職しているとも報告されています。

アメリカのニューヨーク州保健局も、喘息など「美容師のおよそ二割が健康上の理由で離職している」と発表しています。
ヘアカラーの危険性を3回に分けてお伝えしましたがいかがでしたか?
「今まで普通に染めて来た」「黒い髪は自分には似合わない」「みんな染めてる」など
染めるのをやめたくない理由は、たくさんあると思います。正しい知識を持って自分で選んでください。
 白髪の気になる方も多いと思います。

残念ながらヘナには黒い髪を明るくすることはできませんが、白髪はヘナとインディゴで自然なブラウンに染められます。ヘナだけでは鮮やかなオレンジ色ですがインディゴを混ぜると自然なブラウンになります。
 私たちが知らず知らずのうちに取り込んでしまった化学物質をデトックスできるとも言われています。
今まで、2万人以上のお客様の髪を美しく元気にして来ました。
そして私自身も20年以上ヘナカラーを続けています。ヘアカラーの危険性を良く理解して、今後のヘアケアを考えてください。

https://youtu.be/FsAatt0eg7c




郵送でのウィッグシャンプーサービス

Jinaサロンでは、提携美容室がお近くにない場合、ご購入いただいた医療用ウィッグのシャンプーを宅配で承ります。

郵送でのウィッグシャンプーサービス 宅配でのウィッグシャンプーサービスの詳細はこちら

サロンへのアクセス

神戸カウンセリングルーム

兵庫県神戸市中央区御幸通8丁目1-6 神戸国際会館22F