ご自宅でのウィッグのお手入れ方法

ご自宅でウィッグを洗う時の手順をご紹介します。

準備するもの

お手入れ

お手入れを始める前に、

  • 「洗面器」
  • 「ウィッグをとくための粗めの櫛」
  • 「スポーツタオルx1枚」
  • 「ドライヤー」

をご用意ください。

発泡スチロール製の「ウィッグスタンド」があると、乾燥させる時に便利です。

下準備

ウィッグをぬらす前に、ウィッグについたほこりや髪のもつれをほどきます。

お手入れ

まず、ウイッグのほこりを払い、髪にもつれがないかを確かめます。
もつれを見つけたら、優しくほぐしてください。

 

お手入れ

ウィッグに軽くブラシをかけ、準備完了です。

ウィッグを洗う

ウィッグをシャンプーで洗います。
先にネットを洗い、次に髪を洗います。

お手入れ

まず最初に、お湯でネットを洗います(シャンプーはまだ使いません)。
ネットは髪や頭皮に直接触れ、一番汚れやすいところです。
丁寧に洗ってください。

 

お手入れ お手入れ

次にシャンプーを手に取り、ネットを洗います。
(ネット洗い専用に、歯ブラシを準備しておいてもいいでしょう)

 

お手入れ

ネットを洗い終えたら、お湯でシャンプーを洗い流します。

 

お手入れ

ウィッグを裏返し、表側の髪の部分も洗い流してください。

 

お手入れ

次は表側を洗います。
再度シャンプーを手に取り、髪の流れに沿って洗います。

 

お手入れ

こぶしの先を櫛代わりに、髪の流れに沿ってしっかり洗ってください。

 

お手入れ

洗い終えたら、髪の流れに沿って表裏を丁寧にお湯で洗います。

ウィッグにトリートメントをする

洗面器を使い、ウィッグにトリートメントをします。

お手入れ

洗面器を準備します。
トリートメントを手に取り、洗面器にといてください。

 

お手入れ

洗面器の中を泳がすように、ウィッグを2〜3回、左右にくぐらせ、軽くすすぎます。

ウィッグを乾かす

スポーツタオルで水分をとり、ドライヤーで乾燥させます。

お手入れ お手入れ

スポーツタオルにウイッグをのせ、優しく包み込みます。

 

お手入れ

タオルの上からポンポンとたたき、ウィッグの水分を取ります。

 

お手入れ

ドライヤーを当てます。
ネットから乾かしてください。

 

お手入れ

髪全体をドライヤーで8割ほど乾かします。

 

お手入れ

粗めのブラシで、髪がもつれないようにときながらドライヤーをかけます。
(クルクルドライヤーでも大丈夫です。)

 

お手入れ

乾かし終えたら、ウィッグスタンドへ置きます。

発泡スチロール製のウィッグスタンドがあれば、
9割ほど乾かした後にウィッグスタンドへ乗せ、待ち針でネットを固定し、カーラーなどで形を作ることができます。

 

郵送でのウィッグシャンプーサービス

Jinaサロンでは、提携美容室がお近くにない場合、ご購入いただいた医療用ウィッグのシャンプーを宅配で承ります。

郵送でのウィッグシャンプーサービス 宅配でのウィッグシャンプーサービスの詳細はこちら

サロンへのアクセス

神戸サロン

神戸市中央区二宮町4-7-6 NSビル4F(三宮駅より山側徒歩5分)

大阪サロン

大阪市北区梅田1-3-1-1000号 大阪駅前第1ビル10階11号